豊胸手術の傷跡 | 豊胸手術の効果まとめ

豊胸手術の効果まとめ
Home » 豊胸手術の効果 » 豊胸手術の傷跡
豊胸手術の効果 | 04月17日更新

豊胸手術の傷跡

豊胸手術を受けた後の傷跡は、手術で受ける傷が大きいほど、残りやすくなります。
手術で受ける傷が1番大きいのは、シリコンバッグの挿入ですね。
これはメスを使って実際に切開し、そこからバッグを入れる本格的な手術です。
最新技術を取り入れるクリニックで処置を受ければ、特殊な器具を使って挿入するため、切開する幅をできるだけ小さくできます。
ただ、切開しないことに固形物は入れられませんので、どうしても傷が残るのですね。
傷の幅は3〜4センチで、場合によると縫合の跡が残ることもあります。

傷の位置ですが、必ずしも胸の前面にできるわけではありません。
ワキの下を切開する豊胸手術も一般的です。
この場合、傷跡が残るのもワキの下ですね。
ノースリーブを着るなど、ワキの下が見える服装をしなければ、仮に傷跡が残ってもそれがばれる恐れは少なめです。
他にもばれにくい位置として、「乳房の下」があります。
乳房の付け根に沿って切開する形になり、乳房を持ち上げないと傷跡が見えません。
元々胸が大きい方なら、この位置で切開してもらえばばれにくくなるでしょう。
このように、傷跡は残りますが、誰の目にも明らかな位置には残りにくいのです。
豊胸後に後悔しないよう、これらは事前に確認しておきましょう。

脂肪やヒアルロン酸の注入の場合、傷跡の心配はほとんどいりません。
そもそも注射器で注入するだけで、メスを使った切開が不要だからですね。
手術直後は注射の跡がわずかに残りますが、傷のサイズ自体が数ミリ程度で、時間が経つとほとんど目立たなくなります。
術後に傷跡を残したくない方は、なるべく注入系を使うのがオススメです。

top